芋目地(読み)いもめじ

百科事典マイペディアの解説

芋目地【いもめじ】

タイル,石積み,煉瓦積みなどで,縦目地が上下2層(段)以上連続しているもの。構造的には強度が弱い。〈芋〉とも略称。→破れ目地
→関連項目目地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の芋目地の言及

【石積み】より

…石材の大小に応じ,厚い層や薄い層ができても,いずれも水平に積む。石材の継目を目地(めじ)といい,水平方向の目地は一直線に通ってもよいが,垂直方向の目地が2段以上つながったものは芋(いも)目地と呼ばれ,石積みでは絶対に避けるべきこととされている。これは,石材を一体化して,壁を強固にし,弱点をつくらないためである。…

※「芋目地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android