コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝居咄/芝居噺 シバイバナシ

デジタル大辞泉の解説

しばい‐ばなし〔しばゐ‐〕【芝居×咄/芝居×噺】

落語で、鳴り物や役者の声色(こわいろ)を入れ、時には大道具・小道具なども使い、芝居そっくりに聞かせるもの。
演劇、特に歌舞伎演目役者の評判などの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

芝居咄/芝居噺の関連キーワード三遊亭 円生(6代目)桂 小文治(2代目)談洲楼燕枝(初代)桂文治(初代)鰍沢(落語)古今亭今輔三遊亭円朝三遊亭円生浪花節芝居噺怪談咄桂文治小道具大道具落語家鳴り物声色芝居落語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android