鳴り物(読み)なりもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴り物
なりもの

日本音楽の用語。歌舞伎の下座音楽に用いる三味線以外の楽器の総称およびその音楽。種類は打楽器吹奏楽器で,材質は皮革製,金属製,木竹製に分けられる。その用途によって主奏楽器と助奏楽器があり,主奏楽器は能楽の囃子を踏襲した皮革製の打楽器である小鼓,大鼓 (おおかわ) ,太鼓と,吹奏楽器の能管を四拍子 (しびょうし) と呼び,これに篠笛と大太鼓が加わる。助奏楽器としては皮革製の楽太鼓,大 (だい) 拍子,桶胴 (おけどう) ,団扇 (うちわ) 太鼓,羯鼓 (かっこ) ,金属製の本釣鐘,銅鑼 (どら) ,双盤,当り鉦,鈴 (れい) ,木竹製の笏拍子,木琴,木魚,四つ竹編木 (ささら) などがある。これらの鳴り物は三味線,唄と合奏されて音楽効果や舞台効果をあげるために用いられる。主奏楽器の大小鼓,太鼓と笛は出囃子 (舞台に並んで演奏する) もつとめるが,ほかの楽器は舞台脇の黒御簾 (くろみす) のなかで演奏する約束になっている。上記の楽器で演奏した音楽を鳴り物と呼ぶこともある。鳴り物を取扱う演奏家を囃子方という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴り物の関連情報