コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴り物 なりもの

1件 の用語解説(鳴り物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴り物
なりもの

日本音楽の用語。歌舞伎下座音楽に用いる三味線以外の楽器の総称およびその音楽。種類は打楽器吹奏楽器で,材質は皮革製,金属製,木竹製に分けられる。その用途によって主奏楽器と助奏楽器があり,主奏楽器は能楽の囃子を踏襲した皮革製の打楽器である小鼓,大鼓 (おおかわ) ,太鼓と,吹奏楽器の能管を四拍子 (しびょうし) と呼び,これに篠笛と大太鼓が加わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴り物の関連キーワード踊り地歌舞伎音楽晒の合方篠入り芝居唄奏楽大小入りてんつつ一つ鉦田舎歌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴り物の関連情報