コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥太夫 ゴミダユウ

デジタル大辞泉の解説

ごみ‐だゆう〔‐ダイフ〕【×夫】

江戸後期、ざるに竹ざおをさしたものなどを抱え、こっけいな扮装(ふんそう)で、口三味線浄瑠璃を語った門付け芸人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごみたゆう【芥太夫】

江戸末期の門付かどづけの一種。扮装をし、浄瑠璃などを語って物をもらい歩いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android