コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花塗(り) ハナヌリ

デジタル大辞泉の解説

はな‐ぬり【花塗(り)】

漆器の上塗り技法の一。花漆を塗り、研磨を加えずに仕上げるもの。塗り立て。立て。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の花塗(り)の言及

【漆工芸】より

…本堅地塗はこの方法をさらに複雑にしたものである。なお,上塗りは花塗(塗立てともいい,研ぎ出さない)と呂色塗(磨きを加える)に大別される。塗りの種類は多く,溜塗(赤い漆の上に透漆をかける),白檀塗(箔または金地の上に透漆をかける)などのほか,春慶塗,赤漆,変塗(かわりぬり)がある。…

※「花塗(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花塗(り)の関連キーワード塗り立て・塗立て赤地 友哉越前漆器六種供具川連漆器溜め塗上花漆塗立て根来塗会津塗黒江塗漆器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android