コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花水 ハナミズ

デジタル大辞泉の解説

はな‐みず〔‐みづ〕【花水】

仏前に花を手向けるときに用いる水。また、仏前に手向ける花と水。
稲の開花時に、特に深くする灌漑(かんがい)の水。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなみず【花水】

仏前に花を手向けるときの水。また、仏前に手向ける花と水。
稲の開花時に、田に注ぎ入れる水。穂水ほみず。花掛け水。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花水の関連キーワードヤマボウシ(山法師)伽羅先代萩川端 玉章平塚(市)井花・井華忍頂寺梅谷ネロリ油アサガオミズキ科平塚市先代萩金目川橙花油水月源琦仏前法音

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花水の関連情報