花風・華風(読み)かふう

精選版 日本国語大辞典「花風・華風」の解説

か‐ふう クヮ‥【花風・華風】

〘名〙
① 花がさくころ吹く風。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・宿葦屋泊〈藤原周光〉「渉嶮乗危帰思忩、前程早晩達華風
② 世阿彌の用語で、観客を引きつけるにたる芸風。美しい芸風。
※申楽談儀(1430)天下に名を得る為手(して)に於きては幽玄の花風を離るべからず」
③ (華風) いかにも中国的である様子。中華風。
詩学逢原(1763)上「の趣を、少しこはして、書柬にて云つかはすとても、文字華風になるまでにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android