コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸愛 げいあい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芸愛 げいあい

?-? 室町-戦国時代の画家。
花鳥・山水画がのこっているなかに長享3年(1489)の年記の「草花図下絵」がある。小栗宗湛(おぐり-そうたん)の子,宗栗(そうりつ)とする説もあるが,別人説が有力。作品に「山水図巻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

芸愛

生年:生没年不詳
室町中期の画家。「芸愛」と読める印章のみによってその存在が知られ,いまだ史料のなかにその名が見いだされていないが,その力量からかなり重要な地位を占めた画家と推測される。長享3(1489)年の年記のある「草花図下絵」(個人蔵)が近年発見され,おおよその活躍期が知られる。かつては将軍家の御用絵師小栗宗湛の子,宗栗と同一人と考えられていたが,現在では別人とする説が有力。代表作である「山水図巻」(個人蔵)は,長大な画巻形式の水墨山水画の稀有な作例として貴重である。<参考文献>『日本美術絵画全集』2巻

(山下裕二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

芸愛の関連キーワードチューリンゲン(ドイツの地名)ハンギングバスケットグラナダ(スペイン)シリウス・イタリクスコルドバ(スペイン)コッテージ戦国時代カーター工芸青鞜花鳥望一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android