コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸愛 げいあい

2件 の用語解説(芸愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芸愛 げいあい

?-? 室町-戦国時代の画家。
花鳥・山水画がのこっているなかに長享3年(1489)の年記の「草花図下絵」がある。小栗宗湛(おぐり-そうたん)の子,宗栗(そうりつ)とする説もあるが,別人説が有力。作品に「山水図巻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

芸愛

生年:生没年不詳
室町中期の画家。「芸愛」と読める印章のみによってその存在が知られ,いまだ史料のなかにその名が見いだされていないが,その力量からかなり重要な地位を占めた画家と推測される。長享3(1489)年の年記のある「草花図下絵」(個人蔵)が近年発見され,おおよその活躍期が知られる。かつては将軍家御用絵師小栗宗湛の子,宗栗と同一人と考えられていたが,現在では別人とする説が有力。代表作である「山水図巻」(個人蔵)は,長大な画巻形式の水墨山水画の稀有な作例として貴重である。<参考文献>『日本美術絵画全集』2巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸愛の関連キーワード正韵宅間憲俊夏珪啓書記後土御門天皇勾当内侍印章善隣国宝記文清曹洞読める

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸愛の関連情報