小栗宗湛(読み)おぐりそうたん

百科事典マイペディアの解説

小栗宗湛【おぐりそうたん】

室町中期の画家。俗姓は小栗,宗湛は出家後の諱(いみな)。周文に学び,1463年幕府の御用絵師となる。石山寺,高倉殿,松泉軒等各地の寺院,殿舎に襖(ふすま)絵を描いたが,確実な遺作はない。謹厳な作風であったことが,その子宗継が描いた旧養徳院襖絵から推定できる。狩野正信の師といわれ,伝承作品には花鳥図も多い。
→関連項目周文東山山荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗宗湛 おぐり-そうたん

1413-1481 室町時代の画僧。
応永20年生まれ。京都相国(しょうこく)寺の画僧周文に師事。師の跡をついで足利義政につかえ幕府御用絵師として活躍。大徳寺養徳院の「蘆雁(ろがん)図」は宗湛がかきのこし,子の宗継がひきつぎ完成させた。文明13年3月9日死去。69歳。名は小三郎,助重。号は自牧(じぼく)。作品はほかに「瀟湘八景図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぐりそうたん【小栗宗湛】

1413‐81(応永20‐文明13)
室町中期の画家。小栗は俗姓であり,出自は不明。大徳寺の養叟宗頤(ようそうそうき)に参禅し出家し,師より礀翁(かんおう)宗湛の道号と法諱(ほうき)を授けられた。また蔭涼軒主(いんりようけんしゆ)の季瓊真蘂(きけいしんずい)からは,牧牛(修禅の意)と名画僧牧谿の〈牧〉字にちなんで,庵号として〈自牧〉を与えられた。画の上での師は不明であるが,大徳寺にいたころ文清(ぶんせい)との関係が推察される。長禄期(1457‐60)ころ,竹香全悟ほか4僧賛の山水図を描き,画名が高かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おぐりそうたん【小栗宗湛】

1413~1481) 室町中期の画僧。宗丹とも。相国寺で周文に学んだといわれ、その跡を受けて足利将軍家の御用絵師となる。画風は穏健。旧養徳院襖絵「芦雁図」は子の宗継との合作。子の宗継・宗栗もそれぞれ一派をなした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android