コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗栗 そうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗栗
そうりつ

室町時代の画家。姓は小栗宗湛の子とも伝えられるが未詳。作品も不明であるが,一部で伝えられるように「芸愛を宗栗の印とすれば,『山水図巻』『花鳥図屏風』など大作が残り,また長享3 (1489) 年頃の制作も知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宗栗の関連キーワード小栗宗湛室町時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android