コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗族 ビョウゾク

百科事典マイペディアの解説

苗族【びょうぞく】

ミヤオ(苗)族

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びょうぞく【苗族】

ミャオ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苗族
びょうぞく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の苗族の言及

【槃瓠】より

…中国の南方族であるミヤオ(苗(びよう))族の始祖神。《山海経(せんがいきよう)》海内北経に犬封の国があり,その郭璞(かくはく)の注に,盤瓠が戎王を殺し,高辛氏が美女を与えたが,生んだ男子は狗であったという。《捜神記》に説話として完成される。いまミヤオ族,ヤオ(瑶(よう))族が盤王として信仰するものは盤古説話と混同したところがあるが,瓠(ひさご)(ヒョウタン)も生命の宿る器で神話的性質をもつ。曲亭馬琴の《南総里見八犬伝》は,この説話にその発想を得たものである。…

【ミヤオ族(苗族)】より

…これまで〈純苗〉と考えられるものに貴州省における紅苗・黒苗・白苗・青苗・花苗の5種の〈苗〉があげられるが,彼らはまたそれぞれ独自の名称をもっており,黒苗はモン・ローHmong‐tlo,花苗はモン・ドウHmong‐dou,白苗はモン・ベアHmong‐bea,などと称している。鳥居竜蔵の《苗族調査報告》によれば,青岩の花苗や安順近辺のミヤオはそれぞれムーmuまたはムンmúnと称しているといわれる。なお筆者が調査した西北タイのビエンパパオの白苗村およびチエンマイ州ホッド地方に住む黒苗村の場合では,彼らの間では,ただモン・ドゥHmong Doew(またはH’moong Doew)とモン・デュアHmong Dyuaの2種のミヤオしか知られていない。…

※「苗族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

苗族の関連キーワードチエントンナン(黔東南)ミヤオ(苗)族トン(侗)族自治州ホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州ホワンクオシュー(黄果樹)瀑布シャオヤン(邵陽)特別市ミヤオリン(苗嶺)山地チェンユワン(鎮遠)県トゥチャ族(土家族)チーショウ(吉首)市コーラオ族(仡佬族)ピーチエ(畢節)地区トンレン(銅仁)地区シンイー(興義)市エンシー(恩施)市オルタイ(鄂爾泰)広西チワン族自治区ホンチー(紅旗)鎮トーチヤ(土家)族カイリー(凱里)市プイ族(布依族)ミヤオ・ヤオ諸語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苗族の関連情報