コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦沙弥先生 くしゃみせんせい

1件 の用語解説(苦沙弥先生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

苦沙弥先生 くしゃみせんせい

夏目漱石の小説「吾輩は猫である」の登場人物
旧制中学の英語教師。姓は珍野。美学者の迷亭,理学者の水島寒月らと日々談論にふけるが,その自由な知識人すなわち「太平の逸民」の思想と家庭生活を,飼い猫に痛烈に風刺される。作品は明治38年(1905)から翌年まで「ホトトギス」に連載された。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苦沙弥先生の関連情報