コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦鉄質 くてつしつmafic

岩石学辞典の解説

苦鉄質

火成岩の中に実際に存在するFeやMgを主成分として含む苦鉄質(ferromagnesian)鉱物とその他の珪長質(felsic)でない鉱物を合せて記述する表現である.有色鉱物と同じ意味に用いられる.この語はferromagnesian鉱物が著しい岩石の記述にも使用される.これに対してフェミック(femic)は岩石の化学分析値から計算したノルム値を用いた表現で,両者は同じ意味ではない[Cross, et al. : 1912].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

苦鉄質の関連キーワードオフィオライトコンプレックスケイ(珪)ニッケル鉱花コウ(崗)岩化作用カンラン(橄欖)岩ウルトラマフィック角セン(閃)石岩ランプロファイアメタアルミナ型超マフィック岩ホルンフェルス斑レイ(糲)岩角セン(閃)岩オフィオライト蛇紋岩化作用コマチアイト累帯深成岩体フォノライトマフィック岩超塩基性岩岩滓凝灰岩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android