コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅山派 ぼうざんはMáo shān pài

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざんは【茅山派 Máo shān pài】

中国,道教の宗派の一つ。茅山上清派,上清派などともいう。梁の陶弘景によって大成されたが,その起源は,晋代の魏華存や楊羲,許穆にさかのぼる。陶弘景の後,王遠知,潘師正を経て,盛唐時代の司馬承禎,李含光,呉筠に継承され,また宋以降も朱自英,劉混康などが出て,唐・宋の皇室と結びつき勢力を張った。この派は,天師道とともに最も伝統ある宗派と目され,〈存想〉を重視し〈清高出世〉を特徴とする。その思想を示す代表的著作には陶弘景編の《真誥(しんこう)》,司馬承禎の《坐忘論》《天隠子》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

茅山派の関連キーワード尸解

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android