コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅山派 ぼうざんは Máo shān pài

1件 の用語解説(茅山派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざんは【茅山派 Máo shān pài】

中国,道教の宗派の一つ。茅山上清派,上清派などともいう。梁の陶弘景によって大成されたが,その起源は,晋代の魏華存や楊羲,許穆にさかのぼる。陶弘景の後,王遠知,潘師正を経て,盛唐時代の司馬承禎,李含光,呉筠に継承され,また宋以降も朱自英,劉混康などが出て,唐・宋の皇室と結びつき勢力を張った。この派は,天師道とともに最も伝統ある宗派と目され,〈存想〉を重視し〈清高出世〉を特徴とする。その思想を示す代表的著作には陶弘景編の《真誥(しんこう)》,司馬承禎の《坐忘論》《天隠子》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茅山派の関連キーワード十三宗陶弘景律宗一宗宗典上清上澄井上清子川上清吉河上清吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone