コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉筠 ごいんWú Yún

1件 の用語解説(呉筠の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごいん【呉筠 Wú Yún】

?‐778
中国,唐代の道士。華陰(陝西省大茘県)の人。号を中嶽道士,諡(おくりな)を宗元先生という。玄宗の天宝年間(742‐755),嵩山(すうざん)の潘師正に師事して道士となった。道教を好む玄宗に召されて翰林待詔となったが,宦官高力士をはじめ仏教勢力に忌まれ,安史の乱中,茅山さらに会稽へ隠棲した。文人としても名声があり孔巣父,李白などと親交があった。《宗元集》20巻のほか《玄綱》《神仙可学論》などの撰述がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の呉筠の言及

【李白】より

…25歳のころから各地を遍歴して歩き,一時山東省の任城にとどまり,5人の道士と徂徠山(そらいざん)に住んで〈竹渓の六逸〉といわれた。その後,江南に遊んで道士呉筠(ごいん)と知り合い,呉筠が朝廷に召し出されたのに従って初めて長安にのぼった。長安では賀知章(659‐744)の知遇を得たが,彼は李白の詩に驚嘆して〈謫仙(たくせん)〉(天上から流刑された仙人)だと言った。…

※「呉筠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

呉筠の関連キーワード為替の市場介入財政再建派増税派ミニマムアクセス米増える大学数・教員数岩手・宮城内陸地震全国学力調査と結果分析全国学力調査の分析延鎮大田倭麿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone