コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉筠 ごいんWú Yún

世界大百科事典 第2版の解説

ごいん【呉筠 Wú Yún】

?‐778
中国,唐代の道士。華陰(陝西省大茘県)の人。号を中嶽道士,諡(おくりな)を宗元先生という。玄宗の天宝年間(742‐755),嵩山(すうざん)の潘師正に師事して道士となった。道教を好む玄宗に召されて翰林待詔となったが,宦官高力士をはじめ仏教勢力に忌まれ,安史の乱中,茅山さらに会稽へ隠棲した。文人としても名声があり孔巣父,李白などと親交があった。《宗元集》20巻のほか《玄綱》《神仙可学論》などの撰述がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の呉筠の言及

【李白】より

…25歳のころから各地を遍歴して歩き,一時山東省の任城にとどまり,5人の道士と徂徠山(そらいざん)に住んで〈竹渓の六逸〉といわれた。その後,江南に遊んで道士呉筠(ごいん)と知り合い,呉筠が朝廷に召し出されたのに従って初めて長安にのぼった。長安では賀知章(659‐744)の知遇を得たが,彼は李白の詩に驚嘆して〈謫仙(たくせん)〉(天上から流刑された仙人)だと言った。…

※「呉筠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉筠の関連キーワード茅山派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android