コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茜染(め) アカネゾメ

デジタル大辞泉の解説

あかね‐ぞめ【×茜染(め)】

アカネで赤く染めること。また、その染め物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の茜染(め)の言及

【染色】より

…この時代は複雑な色相を加えていった点,またその色の取合せに優れた感覚を発揮した点において,著しい特色を示している。しかし,前代盛んであった茜染は廃れ,その代り紅染が盛行し,その濃色は禁色とされた。また紫の染色は,紫根の染法や発色にむずかしさがあったせいか,《延喜式》にはみられぬ藍と紅との交染による二藍(ふたあい)という色相を生じ,紫系統の色は二藍,蒲萄色,桔梗(ききよう),濃(こき)色,薄(うすき)色などと呼ばれるようになった。…

※「茜染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茜染(め)の関連キーワード竹本三郎兵衛茜屋理右衛門浦上弥五衛門アカネ(茜)梅の由兵衛三勝物赤縅緋色

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android