コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶道口 サドウグチ

大辞林 第三版の解説

さどうぐち【茶道口】

茶室で、点前てまえをする亭主の出入り口。方立口ほうだてぐち・火灯口かとうぐちなどの形式がある。勝手口。茶立て口。亭主口。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の茶道口の言及

【茶室】より

…なお室内の壁の腰回りには紙を張り,客座では白紙2枚,点前座では1枚の高さを通例とする。
[躙口,茶道口]
 出入口は亭主と客の側とに分かれる。客の入口に躙口(にじりぐち)を設けるのが草庵茶室の特色である。…

※「茶道口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶道口の関連キーワード火灯口・火燈口茶道/茶事用語八窓の席半床庵長生庵不審庵慈光院六窓庵春草廬飛濤亭勝手口踏込畳山雲床花頭窓茶室又隠水屋如庵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android