草相撲(読み)クサズモウ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ずもう〔‐ずまふ〕【草相撲】

祭礼などで行う素人の相撲。また、野外で行う遊びの相撲。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさずもう【草相撲】

素人しろうとが祭礼などの折に行う相撲。野相撲。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くさ‐ずもう ‥ずまふ【草相撲】

〘名〙 (田草(たのくさ)相撲の略という) 祭礼の時などに行なうしろうとの相撲の競技。また、草原などで遊びとして行なう相撲。草刈相撲。《季・秋》
※雑俳・川柳評万句合‐明和二(1765)義五「草角力荷こぶあるのか関と見へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android