コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草結ぶ クサムスブ

1件 の用語解説(草結ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

草(くさ)結・ぶ

草と草を結び合わせ、そこに霊魂をこめて、互いの心が永久に離れないように祈ったり、旅の安全・幸運などを願ったりする。
「妹(いも)が門(かど)行き過ぎかねて―・ぶ風吹き解くなまたかへりみむ」〈・三〇五六〉
《草をたばねて枕にする意から》旅で野宿する。旅寝する。
「近江の海湊は八十(やそ)ちいづくにか君が船泊(は)て―・びけむ」〈・一一六九〉
草を結んで、旅の道中の道しるべにする。
「朝立ちて別れし人は今もかも鄙(ひな)の荒野に―・ぶらん」〈夫木・三六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草結ぶの関連キーワード論理式雄紐結索宿世結び鎮魂結び目草合せ結び合す結び合せる結び紐

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone