草結ぶ(読み)クサムスブ

デジタル大辞泉の解説

草(くさ)結・ぶ

草と草を結び合わせ、そこに霊魂をこめて、互いの心が永久に離れないように祈ったり、旅の安全・幸運などを願ったりする。
「妹(いも)が門(かど)行き過ぎかねて―・ぶ風吹き解くなまたかへりみむ」〈・三〇五六〉
《草をたばねて枕にする意から》旅で野宿する。旅寝する。
「近江の海湊は八十(やそ)ちいづくにか君が船泊(は)て―・びけむ」〈・一一六九〉
草を結んで、旅の道中の道しるべにする。
「朝立ちて別れし人は今もかも鄙(ひな)の荒野に―・ぶらん」〈夫木・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草結ぶの関連情報