コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草結ぶ クサムスブ

デジタル大辞泉の解説

草(くさ)結・ぶ

草と草を結び合わせ、そこに霊魂をこめて、互いの心が永久に離れないように祈ったり、旅の安全・幸運などを願ったりする。
「妹(いも)が門(かど)行き過ぎかねて―・ぶ風吹き解くなまたかへりみむ」〈・三〇五六〉
《草をたばねて枕にする意から》旅で野宿する。旅寝する。
「近江の海湊は八十(やそ)ちいづくにか君が船泊(は)て―・びけむ」〈・一一六九〉
草を結んで、旅の道中の道しるべにする。
「朝立ちて別れし人は今もかも鄙(ひな)の荒野に―・ぶらん」〈夫木・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

草結ぶの関連キーワード草を結ぶ朝立ち

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android