コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草野永平 くさの ながひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草野永平 くさの-ながひら

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
代々肥前の松浦(まつら)党に属する。源平争乱期に周囲の武将が平氏にしたがうなかで源氏方につく。文治(ぶんじ)2年(1186)源頼朝に推挙され,筑後(ちくご)在国司・押領使両職,肥前松浦郡鏡社(長崎県)の大宮司職につき,筑後(福岡県)山本郡草野を本拠とした。通称は次郎大輔(夫),筑後守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android