コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在国司 ざいこくし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在国司
ざいこくし

平安,鎌倉時代在庁職の一つ。初めは遙任国司に対して在国する国司をいったが,平安時代末期には,国司に代って実力をもつ在庁職をいうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいこくし【在国司】

平安末期から鎌倉時代にかけて散見する在庁職。多く有力な在庁官人が帯有した。その実態については不明な部分も多く判然としないが,日向・豊後の日下部(くさかべ)氏,筑前の草野氏,薩摩の大前(おおくま)氏,あるいは石見の藤原氏などおもに西国地域の在庁層に散見する。在国司の淵源は,国司の遥任化が進展する平安中期以降,不在がちの国司に対して,在国する国司を指す呼称であると考えられている。《左経記》長元4年(1031)6月11,12日条や《行親記》長暦1年(1037)5月20日条に見える在国司の事例は,そうした意味での早い例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

在国司の関連キーワード藤原基衡草野永平竹野荘筑後国守護領大内氏宗孝親守護

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android