荏油(読み)じんゆ

世界大百科事典 第2版の解説

えのあぶら【荏油 perilla oil】

エゴマの種から得られる淡黄色のエゴマ油ともいう。荏油を構成するグリセリドの脂肪酸としては,表に示すように高度不飽和脂肪酸が多い。代表的乾性油で,きわめて容易に重合,硬化する。この性質を利用して,日本では漆に混合して透明漆の原料とし,また油紙の作製にも用いられていたが,近年は安価なキリ油や合成乾性油等に代替されている。食用にも供される。【内田 安三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荏油の言及

【エゴマ(荏胡麻)】より

…種子は46~50%の乾性油を含む。圧搾法で荏油(えのあぶら)perilla oilをとり,食用,工業用とする。油紙,雨傘,ちょうちんなどの防水加工やペイントなどの原料となる。…

【エゴマ(荏胡麻)】より

…種子は46~50%の乾性油を含む。圧搾法で荏油(えのあぶら)perilla oilをとり,食用,工業用とする。油紙,雨傘,ちょうちんなどの防水加工やペイントなどの原料となる。…

※「荏油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android