荒くもしい(読み)あらくもしい

精選版 日本国語大辞典「荒くもしい」の解説

あら‐くもし・い【荒くもしい】

※虎明本狂言・今(室町末‐近世初)「あのあらくもしひ弁慶と、判官殿のおちぎりやった事が有ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荒くもしい」の解説

あら‐くもし・い【荒くもしい】

[形]中世から近世にかけての口語》「あらくまし」に同じ。
「あの―・い弁慶と判官殿のお契りやった事があるぞ」〈虎明狂・今参

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android