コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒尾氏 あらおうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あらおうじ【荒尾氏】

尾張国知多郡荒尾郷を本領とした武家。鎌倉御家人の系譜をひく国人。高階,在原,平姓を称す。元弘の乱で六波羅の軍勢に加わり,建武政権より所領を没収された宗顕は,室町政権創設期には所領相論などで幕府の使者として活躍。さらに子泰隆とともに将軍祈願所妙興寺(愛知県一宮市)に200町以上の所領を寄進し,国衙正税地10余ヵ所に地頭職をもち,300貫文余の正税を請け負った。15世紀初め,守護斯波氏の入部後,中小領主層の離反と彼らの守護被官化が続く中で,荒尾氏は守護と被官関係をもたず,幕府との関係を強化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone