コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒松雄 あら まつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒松雄 あら-まつお

1921-2008 昭和後期-平成時代のインド史学者。
大正10年5月7日生まれ。昭和42年東大東洋文化研究所教授となる。のち津田塾大教授をへて恵泉女学園大教授。「インド史におけるイスラム聖廟」で53年学士院賞。新谷識(しんたに-しき)の筆名による「死は誰のもの」でオール読物推理小説新人賞。学士院会員。平成20年11月8日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「現代インドの社会と政治」「ヒンドゥー教イスラム教」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒松雄の関連キーワードフィーローズ・シャー・トゥグルククトゥブッディーン・アイバクデリー・サルタナットデリー(インド)イレトゥミシュアンベードカルローディー朝トゥグルク朝ビールーニーハルジー朝ムガル帝国ゴール朝奴隷王朝ガズナ朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android