荒畑シモ(読み)あらはた シモ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒畑シモ あらはた-シモ

?-? 江戸時代後期,村山絣(がすり)(所沢絣)の創始者。
武蔵(むさし)多摩郡(東京都)芋久保村の荒畑五郎兵衛の妻。文化年間(1804-18)薩摩(さつま)絣をまねて布をおり,製織を工夫して,十字型,井字型の模様をおりだす。織屋の進藤弥兵衛が販路をひらく。創始者内野アサとする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android