荒祭宮(読み)あらまつりのみや

大辞林 第三版の解説

あらまつりのみや【荒祭宮】

伊勢の皇大神宮の別宮の一。天照大神あまてらすおおみかみの荒御魂あらみたまをまつる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の荒祭宮の言及

【荒魂】より

…《日本書紀》では,神功(じんぐう)皇后の〈三韓征伐〉に際して,〈住吉三神の和魂は王身(みついで)に従って寿命(みいのち)を守り,荒魂は先鋒(さき)となって師船(みいくさのふね)を導き守ろうとした〉とあり,住吉大社と長門住吉神社には住吉三神の荒魂がまつられている。ほかに荒魂をまつっている例としては,伊勢の皇大神宮(内宮)の別宮荒祭宮(あらまつりのみや)には天照大神の荒魂が,豊受大神宮(外宮)の別宮多賀宮(たがのみや)には豊受大神の荒魂がそれぞれまつられている。なお,神の霊魂の作用および徳用を言い表したものには,ほかにも〈奇魂(くしみたま)〉〈幸魂(さきみたま)〉などがある。…

※「荒祭宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android