コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇大神宮 コウタイジングウ

4件 の用語解説(皇大神宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐たいじんぐう〔クワウ‐〕【皇大神宮】

三重県伊勢市、五十鈴(いすず)川の川上にある伊勢神宮の内宮。祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)。神体は八咫鏡(やたのかがみ)天照皇大神宮。伊須受宮(いすずのみや)。内宮(ないくう)。→伊勢神宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうたいじんぐう【皇大神宮】

三重県伊勢市にある神社。伊勢神宮の内宮。五十鈴川いすずがわ上流右岸,神路山の麓に鎮座。天照大神を祀まつる。五十鈴宮。天照皇大神宮。 → 伊勢神宮

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇大神宮
こうたいじんぐう

伊勢神宮」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇大神宮
こうたいじんぐう

三重県伊勢(いせ)市館(たち)町、五十鈴(いすず)川の上流に鎮座。伊勢神宮の中心の社で、内宮(ないくう)ともいう。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)(天照大神)と、相殿(あいどの)に天手力男神(あめのたぢからおのかみ)、萬幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)を祀(まつ)る。古くは皇居内に天皇と同床共殿で奉斎されていたが、崇神(すじん)天皇のとき神威を畏(おそ)れて別殿とし、さらによい奉斎地を求め、結局、垂仁(すいにん)天皇25年(一説に26年、神宮では26年説をとる)この地に創建されたと伝承する。全神社の根源として崇敬されている。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の皇大神宮の言及

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。…

※「皇大神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皇大神宮の関連キーワード三重県民の森三重県三重郡朝日町小向三重県三重郡朝日町柿三重県津市広明町三重県三重郡菰野町菰野三重県三重郡菰野町榊三重県伊賀市瀧三重県三重郡朝日町縄生三重県四日市市三重三重県尾鷲市向井

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇大神宮の関連情報