コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇大神宮 コウタイジングウ

4件 の用語解説(皇大神宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐たいじんぐう〔クワウ‐〕【皇大神宮】

三重県伊勢市、五十鈴(いすず)川の川上にある伊勢神宮の内宮。祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)。神体は八咫鏡(やたのかがみ)天照皇大神宮。伊須受宮(いすずのみや)。内宮(ないくう)。→伊勢神宮

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうたいじんぐう【皇大神宮】

三重県伊勢市にある神社。伊勢神宮の内宮。五十鈴川いすずがわ上流右岸、神路山の麓に鎮座。天照大神を祀まつる。五十鈴宮。天照皇大神宮。 → 伊勢神宮

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇大神宮
こうたいじんぐう

伊勢神宮」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇大神宮
こうたいじんぐう

三重県伊勢(いせ)市館(たち)町、五十鈴(いすず)川の上流に鎮座。伊勢神宮の中心の社で、内宮(ないくう)ともいう。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)(天照大神)と、相殿(あいどの)に天手力男神(あめのたぢからおのかみ)、萬幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)を祀(まつ)る。古くは皇居内に天皇と同床共殿で奉斎されていたが、崇神(すじん)天皇のとき神威を畏(おそ)れて別殿とし、さらによい奉斎地を求め、結局、垂仁(すいにん)天皇25年(一説に26年、神宮では26年説をとる)この地に創建されたと伝承する。全神社の根源として崇敬されている。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の皇大神宮の言及

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。…

※「皇大神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇大神宮の関連情報