コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘田奥三郎 しょうだ おくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘田奥三郎 しょうだ-おくさぶろう

1782-1835 江戸時代後期の武術家。
天明2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)高田藩剣法師範荘田教高の子。藤川近義(ちかよし)の門で直心影流をまなび,円明流二刀の伝,玉心流の拳法もおさめる。のち高田藩師範。天保(てんぽう)6年9月死去。54歳。名は弼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荘田奥三郎の関連キーワードフェイト児童文学バルザックポー(Edgar Allan Poe)天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android