コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷前の使 ノサキノツカイ

デジタル大辞泉の解説

のさき‐の‐つかい〔‐つかひ〕【前の使】

荷前を奉る行事のために朝廷から派遣された勅使

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のさきのつかい【荷前の使】

荷前を奉るために朝廷から諸陵墓などに派遣される勅使。 「 -のたつ日なり/弁内侍日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荷前の使の関連キーワード弁内侍日記

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android