コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷前 のさき

6件 の用語解説(荷前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷前
のさき

まっさきに到来した荷,すなわち初穂 (はつほ) の意。平安時代,毎年 12月に諸国から朝廷に献上された貢物 (みつぎもの) の一部を,初穂として伊勢神宮以下の諸神社,諸陵墓に奉献した行事をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

の‐さき【前/向】

平安時代、諸国から貢ぎ物として奉られた初物。これを伊勢神宮をはじめ諸陵墓に奉った。にさき。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荷前【のさき】

年末,宮中から諸陵墓に使をつかわし幣物を奉ること。12月13日に使を定め,立春の前の吉日を選んで発遣した。《万葉集》にもみえる古制であるが,平安末ごろから次第に形式化し,南北朝期には廃絶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のさき【荷前】

〈のざき〉〈はつお〉〈はつに〉ともいい,律令制下で当年の調庸の初荷から,山陵等の供献用に納入時に前もって抜き取り別置した初物のことをいう。平安時代以後この荷前の繊維製品(荷前の幣)を,年末に,時代によって変遷があるが,天智・光仁・桓武・崇道・仁明・光孝・醍醐各陵や藤原鎌足墓をはじめとする特定の陵墓へ頒け献ずるようになり,これを荷前という。荷前の幣には諸陵墓へ各陵墓の預人を使者として献ずる常幣と,常幣のほかに近陵と近墓へ荷前使(のさきのつかい)を分遣して献ずる別貢幣とがあり,常幣は陰陽寮が占って定めた12月吉日に,参議以上の者が大蔵省に出向いて授け,別貢幣は常幣と同じ日に,天皇が建礼門前へ出御し大臣以下列席して授けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のさき【荷前】

古代、諸国から来る貢ぎ物の初物。これを朝廷から伊勢大神宮をはじめ諸陵墓などに奉った。 「東人の-の箱の荷の緒にも/万葉集 100

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荷前
のさき

平安時代、諸国からの貢ぎ物として届けられた初穂を、年末の吉日に天皇および外戚(がいせき)の墓(十陵八墓)に献ずる儀式。その墓につかわされる使者を荷前の使(つかい)という。当日は天皇が建礼門前の幄(あく)に出御され、大臣以下も列席、その幄舎に幣帛(へいはく)が並べられる。天皇の拝ののち、使いがこれを受け、各陵墓に供える。使いは山科(やましな)山陵(天智(てんじ)天皇)のみは中納言(ちゅうなごん)以上、その他は参議以上、四位、五位、内舎人(うどねり)、大舎人などが務めた。平安末には天皇の出御もなくなり、中世になると行われたようすはみえない。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荷前の関連情報