荷受人(読み)にうけにん(英語表記)consignee

翻訳|consignee

精選版 日本国語大辞典 「荷受人」の意味・読み・例文・類語

にうけ‐にん【荷受人】

〘名〙 運送品が目的地に到着した場合、自分名義で運送品の引渡しを受け得る者。
※幕令抜抄‐八・天保一三年(1842)四月一六日(古事類苑・産業二二)「薩州荷請人 竹材木屋〈略〉右之廉は 猶又追て可沙汰候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「荷受人」の意味・わかりやすい解説

荷受人
にうけにん
consignee

物品運送契約において運送品の引渡しを受ける者として指定された者。荷送人と異なり,運送契約当事者ではなく,運送品が目的地に到着する以前にはなんらの権利義務も生じないが,運送品が到達地に着いたのちは,運送契約によって生じた荷送人の権利を取得し,運送品の引渡しを求めることができる。運送品を受取ったときは,運送人に対し運送賃その他の費用を支払う義務を負う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の荷受人の言及

【運送契約】より

…航空運送の場合も,海上運送契約に準じて考えてよい。 荷受人(目的地で運送品を受け取る者)は,荷送人自身であってもよい。貨物引換証船荷証券が発行されていない場合には,荷受人は,到達地への運送品の到着とともに運送品引渡請求権を取得する(商法583条1項)。…

※「荷受人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android