コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼氏(読み)すがぬまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

すがぬまうじ【菅沼氏】

近世の武家。室町時代の中ごろ東三河の山間の作手(つくで)村菅沼に住し,菅沼氏を称する。天文ごろ,豊川流域の平野部まで南下し,東三河の有力な国人領主となった。この間,松平氏(徳川氏)と今川氏との間に服属,離反を繰り返し,徳川家康の三河統一後はその忠実な部将となった。とくに野田菅沼氏の定盈(さだみつ)は信任が厚く,関東入国時,上野国阿保で1万石を与えられる。孫定昭のとき嗣子なく丹波亀山城4万石は除封され,弟2人は三河国に1万石を与えられ交代寄合,旗本となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の菅沼氏の言及

【奥平氏】より

…維新後,伯爵。美濃加納は信昌の三男で菅沼氏を継いだ忠政に伝えられたが,孫の右京のとき無嗣断絶。信昌の四男忠明も松平の姓を受けて別に一家を立てその子孫は伊勢桑名などをへて武蔵忍10万石を領した。…

※「菅沼氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菅沼氏の関連情報