コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交代寄合 こうたいよりあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交代寄合
こうたいよりあい

江戸幕府の職名。1万石以下 3000石以上の非職旗本で幕府と特殊な関係にあった家で,老中の支配に属し,身分,格式は譜代大名に準じ,領地に常住したが,隔年参勤交代した。菅沼氏 (三河,7000石) ,生駒氏 (出羽,8000石) ,山名氏 (但馬,6700石) ,芦野氏 (下野,3016石) ,高木氏 (信濃,2700石) など三十余家があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうたい‐よりあい〔カウタイよりあひ〕【交代寄合】

江戸幕府の職名。寄合のうちで、老中の下に属し、譜代大名並みの待遇をうけ、参勤交代の義務を負ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

交代寄合【こうたいよりあい】

江戸幕府の武家の職・家格寄合(3000石以上で無役)の旗本でありながら参勤交代を行い,大名並の処遇を受けた。老中支配。大名の名跡を継ぐ家,名家子孫,大名分知による取立などの由来があり,3000石未満の小普請身分で列せられた者もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうたいよりあい【交代寄合】

江戸時代,武家の家格。老中の支配下にあった。知行高は1万石未満でありながら大名なみの待遇を得,所領に居住して江戸に留守居を置いた。隔年か数年ごとに参勤交代をし,江戸城中では帝鑑間,柳間に席を占めた。表御礼衆20家(うち1家は1836年より新規),那須衆4家,美濃衆3家,信濃衆3家,三河衆2家に分かれ,ほかに2家があった。制度的起源はつまびらかではない。各家の由緒により,榊原氏(駿河久能),朽木氏,五島氏など軍事的要所守衛の任務を帯びた家,大名の分家,菅沼氏・生駒氏・最上氏など大名家断絶後その名跡を継ぐ家,山名氏・岩松氏・松平氏(三河松平)など古い血統を誇る家,その他に分類できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうたいよりあい【交代寄合】

江戸幕府の職名の一。寄合の旗本のうち、参勤交代の義務をもつ者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の交代寄合の言及

【高木氏】より

…歴代当主の多くは大番頭を最高職とし,奏者番に至る者もあった。(3)交代寄合美濃衆。信光15代の孫貞政を初代とし,3家に分かれ,代々木曾三川治水を奉行した。…

※「交代寄合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

交代寄合の関連キーワードかすみがうら(市)西高木家陣屋宝暦治水事件香美(町)最上義連池田喜通最上義智新庄直時菅沼定志山名義済朽木宣綱山崎治正帝鑑の間江戸幕府菅沼定実黒田長堅竹中陣屋本堂親久平野長泰池田政武