コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川氏 いまがわうじ

4件 の用語解説(今川氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川氏
いまがわうじ

武家足利氏の一族で,足利義氏の子長氏の次男国氏を祖とする。国氏が三河国幡豆郡今川荘に住み今川氏を称した。その孫範国は足利尊氏に属して重用され,以後子孫は駿河守護を世襲し,ときおり遠江守護をも兼ね,東海地方に覇を誇った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今川氏【いまがわうじ】

足利氏の一族。駿河(するが)を本拠とした東海地方第一の大名。範国のとき遠江(とおとうみ)・駿河両国の守護に任じられ,以後,駿河守護職を世襲。16世紀前半,氏親のとき遠江の斯波(しば)氏を下して守護大名から戦国大名へ転換。
→関連項目井伊氏今切渡大宮蒲御厨守護所初倉荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いまがわうじ【今川氏】

足利氏の一族で,駿河を本拠として遠江・三河にも進出した守護大名戦国大名。足利義氏の子吉良長氏の次子国氏が三河国幡豆郡今川荘を領して今川氏を称したことに始まる。今川氏発展の基礎を作った範国は,足利尊氏に従って行動し,鎌倉幕府滅亡後,遠江・駿河両国守護や室町幕府引付頭人に任じられた。以後,駿河守護職は今川氏によって世襲され,範氏,氏家,泰範,範政と伝えられた。また,範国の次子貞世(了俊)は長く九州探題として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今川氏
いまがわうじ

室町・戦国時代の足利(あしかが)氏支流の大名。足利義兼(よしかね)(源義家(みなもとのよしいえ)曽孫(そうそん))の孫吉良長氏(きらながうじ)の次男国氏(くにうじ)が、三河国幡豆(はず)郡今川庄(いまがわのしょう)(愛知県西尾市)を領し今川を称したことに始まる。国氏の孫範国(のりくに)は元弘(げんこう)・建武(けんむ)の動乱期に足利尊氏(たかうじ)に従軍し、その戦功により駿河(するが)・遠江(とおとうみ)両国の守護職(しゅごしき)を与えられ、発展の基礎をつくった。その子了俊(りょうしゅん)(貞世(さだよ))は、引付、侍所の頭人、九州探題として足利政権の確立に寄与した。以後代々駿河国守護として室町幕府の鎌倉府監視の任にあたり、上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱、永享(えいきょう)の乱、結城(ゆうき)合戦などに幕府軍として出陣、活躍した。応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱(1467~77)では東軍にくみし、西軍の遠江国守護斯波(しば)氏と対立した。守護から戦国大名への転換を遂げたのは氏親(うじちか)のときで、遠江国をあわせた強力な領国体制を形成、その子義元(よしもと)はさらに三河を領国に加え、東海一の戦国大名として全盛期を築いた。1560年(永禄3)義元が尾張(おわり)攻略の過程で織田信長に桶狭間(おけはざま)で討たれると、家勢はしだいに衰退し、1569年徳川氏により滅ぼされた。子孫は江戸時代高家(こうけ)として存続した。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今川氏の言及

【駿河国】より

…また安倍城には興良(おきよし)親王を擁した狩野貞長がおり,宗良(むねよし)親王も一時立ち寄るなど,遠江につぐ東海地方における南朝方の拠点であった。南北朝期の駿河国守護職は,石塔義房が初代であるが,1338年(延元3∥暦応1)今川範国が補任されて以降は,戦国期の氏真に至るまで代々今川氏に相伝された。駿河守護今川氏は室町幕府将軍家と密接な関係にあり,明徳の乱や応永の乱で泰範は駿遠両国の兵を率いて将軍義満のもとに馳せ参じた。…

【武田信玄】より

…同時にこのころから飛驒へも侵入し,金刺氏などの旧族を滅ぼして領有した。 この間,隣国の駿河の今川氏,相模の後北条氏とは同盟関係を保ち,婚姻関係を結んでいた。信玄は長男の義信に今川義元の娘を妻として迎えていたが,67年に義信が反逆罪で刑死すると,その妻を今川氏真のもとへ帰し,駿河との同盟関係を絶った。…

【伝馬】より

…西国の場合,海上交通の占める割合が高く,それほど発達していない。東国でもっとも早く伝馬制が確認できるのは駿河の今川氏領であり,永正年間(1504‐21)には宿駅の設置と公用伝馬の徴用がみられる。今川氏の文書によると,公用伝馬を使用する場合は1日5疋を限度に,1里10銭を支払うことが義務づけられている。…

【遠江国】より

…しかし北朝方の遠江守護今川範国らの活躍で諸城が落とされ,南朝方の抗戦も終わった。遠江国守護職は範国の後,一時仁木氏,千葉氏らにも変わるが,主として今川氏がおさえ,斯波義重から今川泰範,そして1419年(応永26)に斯波義淳が任ぜられて以降,室町期には斯波氏が世襲した。しかし斯波氏は越前,尾張の守護を兼ね,遠江を本拠としなかったため,今川貞世(了俊)や仲秋系の遠江今川氏の勢力が根強く残った。…

【友野宗善】より

…通称は次郎兵衛尉。戦国大名今川氏の御用商人で,駿河府中の今宿を拠点に東海道の流通を支配した。1552年(天文21)以前より,今川氏の商人頭として国内・他国の商人の統制と伝馬の発着を担当した。…

【難太平記】より

…題名は《太平記》を批判するという意味である。しかし,これは後人の命名で,了俊の意図がそこにあったわけではなく,父範国から聞いた今川氏の歴史や応永の乱時の了俊の立場を子孫に伝えることに,著作の目的があった。内容は,今川氏の出自,今川氏の先祖の事跡,特に鎌倉幕府の滅亡から南北朝動乱期における今川氏一族の活躍,今川氏の守護職や所領の由来,将軍足利義満に対して謀反を図る鎌倉公方(くぼう)足利満兼や大内義弘と了俊の関係などが書かれている。…

【見附】より

…古代以来遠江国の中心地として国府が置かれ,また国分寺が創建されるなど早くから発展し,中世の紀行文などにも〈遠江国府〉〈見附の府〉〈見つけのこう〉などとしてしばしば現れ,宿駅でもあった。南北朝期に遠江守護今川範国が居館を築いて以降,室町・戦国期には見附城(見附端城(みつけはじよう)ともいう)として,今川了俊(貞世)に始まる遠江今川氏(堀越氏を称する)の拠点の一つともなった。徳川家康が居城を岡崎から浜松に移す前,一時見附城の普請を行ったともいわれるが,その後廃城となった。…

※「今川氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今川氏の関連キーワード土岐氏の乱細川氏足利秋月荘相知蓮賀河辺道綱儀俄氏秀伊達景宗田原直貞成田助綱

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今川氏の関連情報