菅蒼圃(読み)すが そうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅蒼圃 すが-そうほ

?-? 明治時代の陶画工。
明治6年(1873)のウィーン万国博覧会に出品のため,その前年東京浅草にもうけられた博覧会事務局付属の磁器製造所の主幹となる。服部杏圃(きょうほ)とともに各地からあつめられた陶画工を指揮し,絵付けをおこなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android