コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅蒼圃 すが そうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅蒼圃 すが-そうほ

?-? 明治時代の陶画工。
明治6年(1873)のウィーン万国博覧会に出品のため,その前年東京浅草にもうけられた博覧会事務局付属の磁器製造所の主幹となる。服部杏圃(きょうほ)とともに各地からあつめられた陶画工を指揮し,絵付けをおこなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅蒼圃の関連キーワード不破半次郎小花和一楽明治時代岸雪圃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android