コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部杏圃 はっとり きょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部杏圃 はっとり-きょうほ

?-? 幕末-明治時代の陶画家。
椿山派の画工で陶画の改良につくす。明治2年鍋島閑叟(かんそう)の命で肥前有田(佐賀県)で錦手画法をおしえた。6年ウィーン万国博覧会に作品をもって出席,たかい評価をうける。のち塑像の研究にうつったが失敗し,その後の消息は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

服部杏圃の関連キーワード今泉 今右衛門(10代目)今泉今右衛門(10代)不破半次郎明治時代菅蒼圃岸雪圃

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android