コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊竹嘉市 きくたけ かいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊竹嘉市 きくたけ-かいち

1868-1935 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応4年5月1日生まれ。明治18年福岡県久留米の書籍商二文字屋をつぐ。店名を金文堂とあらため,卸問屋兼業,定価現金販売,陳列式店舗などの新機軸をうちだし,九州各地に金の字をつけた系列店を独立させた。福岡県書籍雑誌商組合長。昭和10年4月16日死去。68歳。久留米中学中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊竹嘉市の関連キーワード実業家

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android