コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌核病(アカクローバ)

1件 の用語解説(菌核病(アカクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

菌核病(アカクローバ)

冷涼多湿地域で発生する、株枯を引き起こす重要な糸状菌病。秋に感染して初め小さな斑点が現れ、やがて葉や茎が黄化、枯死する。積雪下で徐々に進行し、翌 年の春の融雪後、気温の上昇と共に一気に茎葉や根が灰白色に腐敗する。枯死した植物の表面には綿毛状の白い菌糸が多量に絡みつき、やがて黒色、不定形、大 きさ8ー10mm程度の大型の菌核が形成される。これが秋に発芽して明褐色、かさの直径が3ー8mmのキノコを形成し、ここから胞子が飛んで再び感染が起 こる。病原菌の寄主範囲は広く、アルファルファベッチ類にも感染する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菌核病(アカクローバ)の関連キーワード斑点病(レッドトップ)赤斑病(レッドトップ)褐斑病(ブルーグラス)菌核病(アルファルファ)茎枯病(アルファルファ)黒かび病(アカクローバ)菌核病(シロクローバ)菌核病(クリムソンクローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)菌核病(アルサイククローバ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone