アルファルファ(英語表記)Medicago sativa; alfalfa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルファルファ
Medicago sativa; alfalfa

マメ科の多年草で,ヨーロッパ原産。ムラサキウマゴヤシの和名もある。乾燥地,寒冷地などで多量の収穫をあげる牧草として有名である。日本には明治の初期に輸入された。高さ 30~90cm,葉は互生し,3小葉から成り,小葉は長さ2~3cm,幅6~10mmの長楕円形。花柄の先端に総状花序をつけ,夏から秋に淡紫色の小蝶形花を多数開く。根が深く,よく乾燥に耐える。栄養,ビタミン類も豊富で牧草としては特にすぐれ,また緑肥として土地の改良にも効果がある。芽生えたばかりのものは食用にもされる。同類のものにウマゴヤシ,コウマゴヤシ,コメツブウマゴヤシがあり,いずれもヨーロッパからの帰化植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルファルファ(alfalfa)

マメ科の多年草。高さ30~90センチ。葉は3枚の小葉からなる複葉で、縁にぎざぎざがある。夏、淡紫色の蝶形の花が多数咲く。最古の飼料作物の一。もやしはサラダなどにして食べる。ルーサン。むらさきうまごやし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルファルファ

ムラサキウマゴヤシとも。ヨーロッパ原産のマメ科の多年草。日本には明治初年牧草として渡来。茎は高さ50〜100cm。葉は長さ2〜3cmの狭楕円形の3小葉に分かれる。花は夏,葉腋から出た細い花柄上に多数つく。青紫色,約7mmの細い蝶(ちょう)形花で,後にらせん状に巻いた豆果を結ぶ。アルファルファはムラサキウマゴヤシだけでなく近縁の何種かのウマゴヤシ類の総称でもあり,いずれも牧草として重要。また芽生えはアルファルファもやしとして食用とする。
→関連項目飼料作物牧草

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルファルファ【alfalfa】

アメリカではアルファルファと呼ばれるが,ヨーロッパではルーサンlucerneと呼ぶ(イラスト)。植物分類上はMedicago sativa L.,M.media Pers.,M.falcata L.などである。古くからペルシア地方で飼料とされた。日本には江戸時代末期に伝来したが,牧草としての栽培は明治以降で,おもに北海道で定着した。マメ科の多年草で,葉は3枚の小葉からなり,草丈は1mほどになる。M.sativaは和名をムラサキウマゴヤシと呼び,紫色の花をつけ紫花種ともいい,暖かい地方に多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルファルファ【alfalfa】

マメ科の多年草。西アジア原産。栄養に富む良質の飼料作物。日本には明治初年にアメリカから渡来。葉は三小葉に分かれ、夏、淡紫色の蝶形花をつける。芽生えたばかりのものをサラダなどにして食す。ムラサキウマゴヤシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルファルファ
あるふぁるふぁ
alfalfa

マメ科の多年草で、栽培された最古の飼料作物といわれる。アルファルファの名はペルシア語の「最良の草」を意味することばからきており、アメリカや日本ではこの名を使うが、ヨーロッパではルサーン(lucerne)とよぶ。原産地は中央アジアで、古くから栽培されていたペルシアから紀元前5世紀にギリシアに伝わり、地中海沿岸に広まった。日本には江戸時代末期に渡来したがほとんど広まらず、明治時代初期に牧草として、アメリカから導入した品種が北海道を中心に定着した。茎は直立し、高さ0.5~1メートルに達し、多くの分枝がある。葉は3枚の小葉からなる複葉で、葉柄の基部に細い披針(ひしん)形の托葉(たくよう)がある。夏に、上部の葉腋(ようえき)から花柄が伸び、数個から20個ほどの蝶形花(ちょうけいか)をつける。
 アルファルファは大きく3種に大別されるが、種により花色も異なる。暖かい地方に多いムラサキウマゴヤシMedicago sativa L.は紫色の花をつける。コガネウマゴヤシM. falcata L.は黄色の花をつけ、黄花種アルファルファともよばれ、寒さに強く北海道に適している。雑色アルファルファM. media Pers.は前2種の雑種で、東北地方に多い。いずれも根は数メートルの深さにまで伸び、乾燥に強く、日当りと水はけのよい土地を好む。
 おもに乾草として、また放牧草、サイレージとして利用されるが、タンパク質やミネラル、ビタミン類が豊富で飼料価値が高い。芽生えたばかりのものをアルファルファもやしとよび、生鮮野菜として食用にされる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルファルファの言及

【ウマゴヤシ】より

…若葉は食用とし,飼料としては,青刈りして家畜に与えるほか,乾草やサイレージにもする。近縁種のムラサキウマゴヤシM.sativa L.やM.falcataアルファルファまたはルーサンと呼ばれ,古来世界各地で飼料として栽培されている。 また,コメツブウマゴヤシM.lupulina L.はウマゴヤシに似たヨーロッパ原産の帰化植物で,同じく牧草や緑肥として広く利用されている。…

【益虫】より

…例えば東北地方や長野県などではリンゴやオウトウの結実のためにマメコバチを飼育し成果をあげつつある。こうした例はアメリカでも牧草のアルファルファの採種のためにアルカリヒメハナバチやアルファルファハキリバチを大量に飼育管理し,そのたかい受粉能力によって大規模な生産を維持しつつある。 つまり繁殖力が旺盛で巣づくりもうまく,天敵である昆虫が少ない種類で,ある植物の開花時期に活動し受粉能力がたかい種類を選び出し,これを大量に飼育して利用するわけで,まさに益虫養殖時代というべきである。…

【豆】より

…もちろん,人間の食糧としては米や麦に比べて,つねに副次的な地位にとどまったが,家畜の飼料としてはきわめて重要な地位を占めている。 豆類の牧草にはクローバー類とアルファルファ(ルーサン)類とがあり,前者は中性あるいは微酸性,後者はアルカリ性の土壌に適している。したがって,後者は西南アジアや地中海地方のような乾燥地帯に,前者は北ヨーロッパや東アジアのような湿潤地帯に広く分布している。…

※「アルファルファ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android