コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌血症 きんけつしょうbacteremia

翻訳|bacteremia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌血症
きんけつしょう
bacteremia

臓器あるいは組織のどこかに細菌感染巣があって,絶えずあるいは断続的に,その病巣から細菌が血液中に流出している状態をいう。生体の防御力が弱いか,細菌の毒力が強いか,あるいはその両者が併存する場合には,原病巣と別の部位に新しい病巣をつくって敗血症に進展する。菌血症を証明するには血液培養を行うが,菌血症と敗血症の厳密な区別は困難な場合が少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんけつ‐しょう〔‐シヤウ〕【菌血症】

病原菌が血液中に検出される状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

菌血症

 血中にバクテリアの存在する状態.増殖が進行すると敗血症に至る.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんけつしょう【菌血症】

特定の病原菌が血液中から検出される状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の菌血症の言及

【敗血症】より

…細菌などが血液中に侵入して起こる全身感染症をいい,菌血症bacteremiaとほぼ同義に扱われる。まれに火傷や外傷などによる原発的感染(一次感染)もあるが,多くはすでに体内にある感染巣から病原微生物が血液中に流出することによって起こる。…

※「菌血症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菌血症の関連キーワード細菌性結膜炎(カタル性結膜炎/化膿性結膜炎)流行性脳脊髄膜炎脳室腹腔吻合術髄膜炎菌感染症肺炎球菌感染症サルモネラ菌転移(腫瘍)セレウス菌腸チフス菌ブドウ球菌心内膜炎セラチア腸チフス肺炎球菌縦隔炎病原菌エイズ溶連菌導尿法放線菌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菌血症の関連情報