コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敗血症 はいけつしょう sepsis

翻訳|sepsis

8件 の用語解説(敗血症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敗血症
はいけつしょう
sepsis

いろいろな細菌の感染症において,まず病巣が形成され,そこから病原菌が多量に血液の中に侵入して起る全身感染症をいうが,原発巣がどこにあるか明らかでないことが多い。類似の経過をたどって血中に細菌が侵入しても,全身症状を伴わない場合は区別して菌血症と呼ぶこともあるが,同義語と考えてもいい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はいけつ‐しょう〔‐シヤウ〕【敗血症】

化膿性(かのうせい)の病巣があって、そこから菌が血流中に繰り返し入り、その毒素により悪寒戦慄(せんりつ)・高熱などの中毒症状を示し、二次的に身体各所に転移性の膿瘍(のうよう)をつくる感染症。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

敗血症【はいけつしょう】

病原菌が血中に入り,菌そのものもしくはその菌体内毒素により中毒症状を起こし,転移巣を形成する疾患。原因菌は連鎖球菌ブドウ球菌肺炎球菌,淋(りん)菌,緑膿菌など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

敗血症

 セプシスともいう.体に細菌感染巣があり,細菌が血液に出現して全身に広がる重い感染症.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

はいけつしょう【敗血症 Sepsis】

[どんな病気か]
 からだのどこかに細菌による病気があって、ここから細菌が血液の流れの中に入って増殖(ぞうしょく)し、その生産した毒素によって中毒症状をおこしたり、細菌が血液の循環(じゅんかん)によって全身に広がり、二次的にいろいろな臓器に感染をおこす重い病気です。
[原因]
 血液には本来、細菌の増殖を阻止する力があり、健康な人では細菌が血液中で増殖することはありませんが、からだの抵抗力が弱っていると、細菌の増殖がおこります。
敗血症の原因になる細菌
 いろいろありますが、多いのは、レンサ球菌きゅうきん)、ブドウ球菌、大腸菌(だいちょうきん)、クレブシェラ、緑膿菌(りょくのうきん)、肺炎菌などです。
●初めの感染病巣
 皮膚化膿症(ひふかのうしょう)、膿瘍(のうよう)の切開、褥瘡(じょくそう)(とこずれ)、抜歯(ばっし)、扁桃炎(へんとうえん)、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、中耳炎(ちゅうじえん)、肺疾患、肝・胆道(たんどう)疾患、腎盂腎炎(じんうじんえん)、膀胱(ぼうこう)の留置カテーテルなどによる尿路感染などです。
●かかりやすい人
 抗生物質が普及した近年は、あまり多い病気ではありませんが、お年寄り、妊婦、手術後まもない病人、慢性の消耗性疾患(がん、白血病(はっけつびょう)、糖尿病、肝硬変(かんこうへん)、脳卒中(のうそっちゅう)など)で衰弱している人、放射線治療副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬・免疫抑制薬(めんえきよくせいやく)を長期に用いている人などが前述の感染症をおこすと、敗血症を続発しやすいのです。
[症状]
 細菌が血液中で増殖し、その毒素によって中毒をおこすと、高熱、寒け、震え、発汗などがおこり、重症の場合には、血圧降下、無尿、敗血症性ショック(細菌性ショック)をおこして、数時間で死亡することもあります。
 また、血液中の細菌が二次的にいろいろな臓器に定着して増殖を始めると、その臓器の障害症状が現われます。
 原発病巣が中耳炎や乳様突起炎(にゅうようとっきえん)で、原因菌が溶連菌(ようれんきん)や肺炎桿菌(かんきん)である場合は、髄膜炎(ずいまくえん)を併発し、激しい頭痛や意識障害がおこります。
 肺が障害されると、気管支肺炎や肺梗塞(はいこうそく)の症状(胸痛(きょうつう)、血(けっ)たん、せき、呼吸困難など)が現われ、心臓の障害では、心内膜炎(しんないまくえん)の症状(心雑音、心不全症状など)が現われます。また、重症の敗血症では皮膚や粘膜(ねんまく)の出血斑(しゅっけつはん)が現われますが、これは播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」)が合併したためです。その他、関節炎、脾腫(ひしゅ)、貧血(ひんけつ)、黄疸(おうだん)など、いずれも重い症状をおこします。
[治療]
 原因菌をさがし出し、薬剤感受性を調べ、適切な抗生物質や化学療法薬を用います。また、歯の治療、膿瘍の切開など、可能ならば敗血症のもとになった病巣の外科的処置をします。骨髄や関節、脳、肺、腎などに膿瘍をおこすと、慢性化して治療が長びきますから、十分な入院治療を受けることが必要です。
[予防]
 日常の心がけとして、それが簡単な化膿でも、できるだけ早く完全に治します。
 また、感染症の経過中に震えをともなった高熱が出たら、敗血症を疑い、すぐ医師の指示を受けることです。
 敗血症は人から人へ感染する危険はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

はいけつしょう【敗血症 sepsis】

細菌などが血液中に侵入して起こる全身感染症をいい,菌血症bacteremiaとほぼ同義に扱われる。まれに火傷や外傷などによる原発的感染(一次感染)もあるが,多くはすでに体内にある感染巣から病原微生物が血液中に流出することによって起こる。原因となる疾患としては,癤(せつ)などの皮膚疾患,扁桃炎,中耳炎,肺炎,虫垂炎,腎盂(じんう)腎炎など,多数の感染性炎症がある。病原微生物には,ブドウ球菌,連鎖球菌,肺炎双球菌,大腸菌などのグラム陽性菌が多いが,近年はプロテウス菌クレブシエラ,大腸菌などのグラム陰性菌,さらには真菌によるものなども増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はいけつしょう【敗血症】

化膿かのうした傷・できものなどの原発巣から細菌が繰り返し血管に入り,循環して,重篤な全身症状を起こす病気。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敗血症
はいけつしょう

組織や臓器に細菌感染巣(敗血巣)を生じ、そこから持続的あるいは間欠的に細菌が血液中に流れ出し、菌血症をおこす重症全身性感染症で、血液培養によって細菌や真菌が証明され、しかも発熱、悪寒、頻脈、低血圧またはショックなどの臨床症状および白血球の好中球増多などの検査所見がみられる。誘因として抜歯、内視鏡や心臓カテーテルなどの処置、静脈切開など診療各科の手術や手技一般が考えられるほか、局所感染巣の存在や免疫能の低下した患者などもあげられる。原因菌として、最近はグラム陰性桿菌(かんきん)が増加傾向にある。
 定型的臨床症状としては悪寒戦慄(せんりつ)、発汗、発熱、疲労感があり、重症例では血圧下降、乏尿、無尿、敗血症性ショックに陥る。基礎疾患の治療にステロイド剤、サリチル酸、非ステロイド系抗炎症剤を用いている場合には発熱しないことがある。ときに皮疹(ひしん)をみることもある。出血斑(はん)が出現したときは、播種(はしゅ)性血管内凝固症候群の合併が考えられる。治療としては、原因菌が明らかな場合は、原因菌の抗生剤感受性にあわせて十分量の抗生剤を投与する。原因菌が不明の場合は、広域感受性をもつペニシリン剤、セファロスポリン剤にアミノグリコシド剤を併用する。敗血症性ショックに対しては、抗生剤の投与とともにドーパミンなどの昇圧剤、輸液、副腎(ふくじん)皮質ホルモンを用いる。予後は基礎疾患の重症度に左右される。悪性腫瘍(しゅよう)や白血病などのある患者や高齢者では予後は悪い。また、グラム陰性桿菌による敗血症の予後は、グラム陽性球菌のそれに比較してよくない。敗血症性ショックを合併したものは、非合併例に比較して予後は悪い。[松本慶蔵・山本真志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の敗血症の言及

【病巣感染】より

…原病巣が扁桃の場合は早期に扁桃のくぼみである陰窩(いんか)を洗浄するか,手術で扁桃を摘出することによって完全治癒あるいは症状の寛解が期待される。 本疾患成立の機序は以前,敗血症のように,扁桃などの病巣にかくれている細菌あるいは細菌の出す毒素が直接血管に入って遠く離れた臓器に感染あるいは中毒現象を起こすものと考えられたが,そうではなく,扁桃などの病巣において溶連菌またはブドウ球菌が慢性的炎症ならびに急性増悪(急性化)を繰り返すことにより,原病巣をつくって組織の変性をきたし,この変性した組織から産生される異種物質が抗原(外界からとり込んだ抗原でなく,自己抗原に属する)となってアレルギー性反応を起こし,腎臓,関節,皮膚または他の遠隔臓器に自己抗体病としての腎炎などの二次的疾患を起こすものと考えられ,蛍光抗体法など各種免疫組織学的検索によって立証されている。このようにいったん腎炎やリウマチなどの二次疾患が病巣感染によってひき起こされたと認められる場合,病巣である扁桃などの除去に努めなければいけない。…

※「敗血症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敗血症の関連キーワード力頼み不死身朝はどこからからだの本この広い空のどこかにたからだの里さいたどこかがちがうドコドンどこかいいところ丼汁

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敗血症の関連情報