コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱川清春 ひしかわ きよはる

1件 の用語解説(菱川清春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱川清春 ひしかわ-きよはる

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
京坂で活躍。菱川師宣(もろのぶ)5代を自称。天保(てんぽう)5年(1834)瀬川恒成(つねなり)作の「嵐峡花月奇譚(あらしやまつきはなものがたり)」,6年池田東籬(とうり)作の「銀河草紙」などの挿絵をかいた。のち小野度隆と改名。通称は吉左衛門。別号に青楊斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菱川清春の関連キーワード鳥居清次文康葛飾北目清谷等舟斗雷ならや伊八文浪正歳森川保之