コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱川清春 ひしかわ きよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱川清春 ひしかわ-きよはる

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
京坂で活躍。菱川師宣(もろのぶ)5代を自称。天保(てんぽう)5年(1834)瀬川恒成(つねなり)作の「嵐峡花月奇譚(あらしやまつきはなものがたり)」,6年池田東籬(とうり)作の「銀河草紙」などの挿絵をかいた。のち小野度隆と改名。通称は吉左衛門。別号に青楊斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菱川清春の関連キーワード菱川師種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android