コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎烏帽子 なええぼし

1件 の用語解説(萎烏帽子の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なええぼし【萎烏帽子】

烏帽子の一種。漆で固めた烏帽子に対して、漆で固めていない柔らかい烏帽子。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の萎烏帽子の言及

【烏帽子】より

…(4)平礼(ひれ∥へいらい) 折烏帽子の別称で,その語義はひらめき折れた意といわれ,多く武家に用いられ,のちには下級者の烏帽子の一種となった。(5)萎烏帽子(もみえぼし) 武士が冑の下にかぶる烏帽子。平安時代には礼冠の下にも烏帽子をかぶったが,前述のように烏帽子が固塗になったので,とくに冑の下にかぶるためにやわらかくもみ製にした烏帽子をそういった。…

※「萎烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone