コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立烏帽子 タテエボシ

大辞林 第三版の解説

たてえぼし【立烏帽子】

扁円状の本来の烏帽子。折烏帽子がでて以後、区別していった。主として上皇・公卿・殿上人らが着用した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立烏帽子 (タテボシ)

動物。イシガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の立烏帽子の言及

【烏帽子】より

…さらには紙で張り固めて形をつくるようになり,ここに種々の烏帽子の形式が生ずることになった。
[形式と種類]
 (1)立烏帽子(たてえぼし) 烏帽子本来の形で扁平筒状であるが,その形によって長烏帽子,細烏帽子などがある。立烏帽子をかぶったとき,前をちょっとへこましたのが一般的な立烏帽子の形として形式化し,室町時代以後にはその部分に種々の名称がつき,その折り方によって着用者の身分を異にするようにもなった。…

※「立烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android