コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立烏帽子 タテエボシ

デジタル大辞泉の解説

たて‐えぼし【立×帽子】

頭部の峰(みね)を高く立てたままにして折り曲げない烏帽子。たちえぼし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たてえぼし【立烏帽子】

扁円状の本来の烏帽子。折烏帽子がでて以後、区別していった。主として上皇・公卿・殿上人らが着用した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立烏帽子 (タテボシ)

動物。イシガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の立烏帽子の言及

【烏帽子】より

…さらには紙で張り固めて形をつくるようになり,ここに種々の烏帽子の形式が生ずることになった。
[形式と種類]
 (1)立烏帽子(たてえぼし) 烏帽子本来の形で扁平筒状であるが,その形によって長烏帽子,細烏帽子などがある。立烏帽子をかぶったとき,前をちょっとへこましたのが一般的な立烏帽子の形として形式化し,室町時代以後にはその部分に種々の名称がつき,その折り方によって着用者の身分を異にするようにもなった。…

※「立烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立烏帽子の関連キーワード比婆道後帝釈国定公園白拍子・素拍子白張・白丁左眉烏帽子細男・才男懸想文売り礼烏帽子尾張万歳折烏帽子細烏帽子題目立浅妻船白拍子比婆山風折る狩衣雛上皇動物公卿直垂