コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法然上人絵伝 ホウネンショウニンエデン

5件 の用語解説(法然上人絵伝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうねんしょうにん‐えでん〔ホフネンシヤウニンヱデン〕【法然上人絵伝】

法然上人の生涯の行状を描いた伝記絵。絵巻や掛幅などに系統を異にする多様の作品がある。特に、鎌倉末期ごろに作られた絵巻「法然上人行状絵図」48巻(知恩院蔵)はそれ以前のものを集大成したもので、法然・浄土宗・知恩院の三位一体の関係を明らかにしている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法然上人絵伝【ほうねんしょうにんえでん】

浄土宗の開祖,法然の伝記絵巻。教説や弟子の伝記も含む。京都知恩院蔵。48巻。紙本着色。比叡山の舜昌法印が後伏見帝の勅により編集し,1307年から1310年にわたり製作したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうねんしょうにんえでん【法然上人絵伝】

新宗派浄土宗を立て,専修念仏を説いて念仏信仰を広めた,法然上人の生涯の行状を描いた絵巻。法然没後25年の1237年(嘉禎3)に作られた《法然上人伝法絵》(2巻,原本は遺らず)が最も早く,しだいに内容を増大させ,〈増上寺本〉,九巻本《法然聖人伝絵》(琳阿本),1301年(正安3)撰の《拾遺古徳伝》,《法然聖人絵》(弘願本,4巻が知られる)などの諸本,さらに全48巻の浩瀚な《法然上人行状絵図》(知恩院)に至るまで,浄土宗の発展とともに多種多様な傑作が生み出され広まっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうねんしょうにんえでん【法然上人絵伝】

法然の行状を中心に描いた絵巻物。1237年撰述の「伝法絵流通」が最も古く、弘願本、増上寺本、覚如撰の「拾遺古徳伝」などを経て、徳治年間(1306~1308)頃「法然上人行状絵図」四八巻(知恩院蔵)として集大成された。法然伝のほか、浄土宗確立の過程、法然の教説など内容は多岐に及ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法然上人絵伝
ほうねんしょうにんえでん

浄土宗の開祖、法然(源空)の生涯を説いたもので、絵巻、掛幅の形式がある。絵巻は法然没後25年目の1237年(嘉禎3)につくられた『法然上人伝法絵』(原本伝存せず)が初例で、その後、増上寺本二巻、琳阿(りんあ)本、弘願(ぐがん)本、また1301年(正安3)覚如(かくにょ)の撰(せん)になる『拾遺古徳伝』(1323年作の茨城・常福寺本が現存)など、浄土宗の発展とともに諸種の作品が数多くつくられた。とくに京都・知恩院に伝わる48巻本(法然上人行状絵図)は従来の法然伝を集大成したもので、法然、浄土宗、知恩院の三位(さんみ)一体の関係を明らかにしている。後伏見(ごふしみ)上皇の勅命により、叡山(えいざん)の舜昌(しゅんしょう)法印が起草集成し、詞書(ことばがき)は上皇はじめ天皇、法皇、公卿(くぎょう)ら八筆が分担執筆、絵は絵所に命じ、1307年(徳治2)から10年余りを費やして完成したとされる(『勅修吉水円光(きっすいえんこう)大師御伝縁起』による)。しかし実際には、鎌倉末から南北朝初期にかけて(14世紀前半)多数の画家が参与してつくられたものと思われる。法然絵伝のみならず、絵巻の歴史上でも最大の規模を誇り、またこの時期の大和(やまと)絵正系の画風を伝える意味でも重要である。国宝。このほか掛幅画の遺品としては、愛知・妙源寺本、三重・西導寺本などがあり、一般の布教に供されたことがわかる。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成1~3 法然上人絵伝』(1981・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法然上人絵伝の関連キーワード六斎念仏寒念仏四種念仏十五宗専修念仏高念仏念仏宗念仏門掛念仏不断念仏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法然上人絵伝の関連情報