萩原すげ(読み)はぎわら すげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原すげ はぎわら-すげ

1894-1990 大正-昭和時代前期の灯台職員。
明治27年4月15日生まれ。大正3年マントル式点灯灯台の日本初の女性有資格職員となる。同年から昭和17年戦争で休灯になるまで,10人の子をそだてながら生地静岡県の稲取灯台を守りつづけた。夫は船員山田宗吉。平成2年3月20日死去。95歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android