コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯台守 トウダイモリ

3件 の用語解説(灯台守の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうだい‐もり【灯台守】

灯台2の番をする人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

灯台守

全国に3337基(4月現在)ある灯台の保守、点検を担う海上保安庁の職員。1935(昭和10)年には142基の灯台に住み込みの職員がいた。職員が常駐する灯台の多くは離島や辺地に立ち、映画「喜びも悲しみも幾歳月」(57年公開)はその悲哀を描いた。同庁は見回り船を使った定期点権機械による気象観測の自動化を進めており、女島灯台は12月中にも太陽光発電無人灯台になる。

(2006-05-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

灯台守

日本の唱歌の題名。作詞:勝承夫。イギリス民謡に日本語詞をつけたもの。原曲はアメリカ民謡との説もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灯台守の関連情報