放出(読み)ほうりだす

精選版 日本国語大辞典「放出」の解説

ほうり‐だ・す はふり‥【放出】

〘他サ五(四)〙
① 物などを投げて外へ出す。また、乱暴に外へ出す。
浄瑠璃・源平布引滝(1749)三「網よりもほふり出したは女の片腕」
② 手に持った物などを目の前のような近くへ投げる。また、投げるようにして置く。むぞうさに置く。乱暴につき出す。
※咄本・無事志有意(1798)玉手筥「けつまづきて、玉手筥をほうり出し」
③ 仕事などをあきらめて途中でやめる。投げ出す。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「其時になったらば如何(どう)にかなるだらうで、抛出(ハフリダ)してあるので」
④ 人をすげなく仲間や仕事から除外する。むりにやめさせる。また、世話しないで追い出す。
(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二四「きっとあてを道具に使て結婚さいしてしもたら〈略〉放り出すつもりやってんなあ」

ほう‐しゅつ ハウ‥【放出】

〘名〙
① ふき出すこと。あふれ出ること。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「風穴〈略〉、溶岩中の水蒸気の放出に因りて生出す」
② 国や軍や団体がたくわえているものを、一般に提供すること。持っているものを手放すこと。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「放出のギャバ生地」

はなち‐いで【放出】

〘名〙 建具を取り払うこと、あるいは取り払った部屋。また、寝殿造で寝殿または対屋から張り出してつくられた部屋。はなちで。はなちでづくり。
※九暦‐九暦抄・天徳元年(957)四月二二日「放出事、未刻依垣下等催着座、其座在母屋故出三間之中間、王卿座在東庇南東辺、北西面」

ひり‐だ・す【放出】

〘他サ五(四)〙 体外へ出す。内部のものを外へ出す。排泄する。
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論後編「出まかせに放出(ヒリダ)して、此書の序とはなりけらしブッツ」

ほかし‐だ・す【放出】

〘他サ五(四)〙 ほうり出す。投げ出す。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「二朱でも四百でも放下(ホカ)し出しゃア直(ぢき)さま枕添(まくらぞひ)が出来る」

ほり‐だ・す【放出】

〘他サ四〙 「ほうりだす(放出)」の変化した語。
※歌伎・傾城壬生大念仏(1702)上「『状を出し給へ』『是見よ』と、ほり出せば」

はなち‐で【放出】

※今(1170)六「時光がはなちでに笛繕ひてゐたりけるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「放出」の解説

放出
はなてん

大阪市東部、城東区と鶴見区にまたがり、寝屋川(ねやがわ)と旧大和(やまと)川本流の長瀬川などが合流する地。一帯は、古くは諸河川が流入する湖沼で、湖水の放出口があったのが地名のおこりともいう。昭和初期、寝屋川が改修され、市街化も進んだ。現在は、城東工業地域となり、中小工場が多い。JR片町線放出駅があり、国道479号(内環状線)が通じる。

安井 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「放出」の解説

放出
はなてん

大阪市鶴見区南部の一地区。旧大和川右岸に位置。古くは放手と書き,「はなちで」とも称した。中世荘園の飛び地であったことに由来。八剣 (やつる) 大明神として知られる延喜式内社の阿遅速雄 (あちはやお) 神社があり,疫病よけの神として参詣者が多い。 JR片町線の駅前は商店街。北の寝屋川沿いには石鹸などの中小規模の化学工場が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「放出」の解説

ほう‐しゅつ〔ハウ‐〕【放出】

[名](スル)
吹き出すこと。また、あふれ出ること。「熱を放出する」「エネルギーを光にかえて放出する」
蓄えていたものを外部に出すこと。持っているものを手放すこと。「戦力外の選手を放出する」「冬物衣料の大放出」「放出物資」
[類語]排出排水排気流出続出頻出百出輩出新出初出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「放出」の解説

【放出】ほう(はう)しゆつ

放つ。自由にする。白居易〔七徳の舞〕 怨女三千、放ちてより出だし 死囚四百、來(きた)りて獄に歸る

字通「放」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android