葉さび病(ブルーグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

葉さび病(ブルーグラス)

ブルーグラスのさび病の中では、最も被害が大きい。葉の表に円形から長楕円形の夏胞子堆を形成し、表皮が破れて橙黄色の粉を飛散する。やがて夏胞子堆は葉 表面に密生し、激発すると植物体全体が黄色く見える。冬胞子堆は黒色、長楕円形から線形、長く表皮に被われ、やや隆起する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android